レビュー・体験

電動鼻吸い器を超えた!?知母時の口コミ・レビュー

一歳の息子の鼻水・鼻詰まり。電動鼻吸い器を買うか迷う

こんにちは。

息子も無事に1歳を迎えて、健やかに育ってくれているのですが

なんと花粉症を発症してしまったようです。涙

夜中に鼻をずるずる、ふがふがさせて起きたりしていたので

ネットで調べてみると、花粉症の鼻詰まりにも鼻吸い器が良いと書いてあったのですが、

産後すぐに買っておいたスポイトタイプのものはあまりパワーがなく、いまいちの使用感。

いよいよ電動の鼻吸い器を買おうかと思ったものの

電動の鼻吸い器は

  • 値段が高い(医療費控除は使えるようです)
  • 音が大きい

というのがネックでした。

夜に使うなら眠りを妨げないようになるべく音が出ない鼻吸い器がいいし

もし高い電動鼻吸い器を買っても、嫌がって全然使えなかったら勿体ない…

と思って二の足を踏んでいました。

そんなとき、Twitterで見かけたのが知母時(チボジ)です。

知母時(チボジ)、Twitterで大絶賛の口コミ多数。

最初はチボジってなんや?と思っていたのですが

どうやらすごく優秀な、手動タイプの鼻吸い器であるということを把握。

鼻吸い器といえばメルシーポット最強説だったのに、ここにきて知母時。

変なネーミングだけど誰もが絶賛している!

知母時(チボジ)って何?

そもそもこのチボジって何?

初めて聞いたぞ!と思って調べたところ、

台湾製の鼻吸い器ということが判明。

一瞬中国製か?と思ったんですが、台湾なら安心…。

値段も3,850円と、一万円程度するメルシーポットやピジョンの鼻吸い器に比べると破格の安さ。

さっそくAmazonでポチりました。

(楽天でも売っていますが、なぜか5,000円くらいして高いのでAmazonがおすすめです)

日本語動画説明付き

知母時(チボジ)が届いた!写真で説明

お急ぎ便で届いた知母時。

ちゃんと日本用のパッケージになっています。

箱の中に、ジップ付き袋に入った知母時本体が入っていました。

説明書はなく、パッケージに使用方法が記載されています。

あとQRコードで動画も見れるそうですが、使い方については見るまでもないかなとも思います。笑

知母時本体はこんな感じです。

左のパーツが鼻の穴にあてる方。

右側がポンプになっていて、ハンドルを握ってシュコシュコすると

鼻水を吸引できる仕組みになっています。

鼻にあてる部分には穴が空いているので、ここと鼻の穴をフィットさせるわけですね。

先端は丸くなっているので、鼻の穴に入れないで、当てて使えます。

知母時(チボジ)レビュー!実際に使ってみたよ!

さっそく届いた知母時を、息子が鼻水ズルズル言わせている時に使ってみました。

先端の穴の空いた部分を息子の鼻の穴にあて、

シュコシュコシュコ!ポンプを片手で操作すると、

ズルズルっと鼻水のが塊取れました!

これはすごい!

鼻水って思いのほか長いんだなって分かりました。

息子も、さっきまで鼻水垂らしてズルズルしていたのに、もうスッキリ。

これだけ塊が取れたらさぞかし本人も気持ち良いだろうなと、

こころなしか晴れ晴れしたような表情の息子をみて母もニッコリ。

洗うパーツも、鼻に当てる部分だけでOK。

チューブからスポっと外して、くるくるっと回して分解して水洗い。

簡単で清潔。

知母時なら、鼻吸い器を寝ている間に使える

さらに、電動鼻吸い器のように大きな音がしないので

寝ている最中にも使えます。

お昼寝中にも鼻をブヒブヒさせて息苦しそうにしていたので、

そっと忍び寄って知母時しました。

吸うときは寝ながら嫌がって払いのける仕草をするんですが

狙いを定めてシュコシュコ!としたらそれだけで結構取れるので

うちの場合はこれなら寝ている間でも充分使えると思いました。

知母時のイマイチな点は?

自分の鼻で試したのですが、

鼻が通っているときはシュコシュコしてもただ鼻の中を空気が抜けていくだけ。

鼻水があるときはしっかり吸ってくれます。

吸引力はありますが、痛みなどはまったくないので安心です。

ただ、完全に鼻が詰まっている時は、ポンプのハンドルが固くて動かなくなります。

どうにか吸えないかとかなり力を入れてなんとかシュコーとできたものの

子ども相手にこの力でハンドルを握るのは少し心配かも?という気もしました。

まあ片方だけでも鼻が通れば呼吸は楽になるので、

鼻が両方ともみっちりと詰まったりしなければ大丈夫かなという感じです。

知母時があれば高い鼻吸い器は不要!自信を持っておすすめします

電動の鼻吸い器は使ったことがないので使用感は比較できないのですが

音もなく、価格も安くてしっかり鼻水が吸えるので

知母時があればたいがいの鼻水は対処できるのではないでしょうか。

お値段も電動に比べると安いので、迷われている方でも買って損はないかなと思います!

なんでこのタイプの鼻吸い器が、日本で今まで作られていなかったんですかね〜。

それが一番の疑問です。

ありがとう台湾!